納豆と玉ねぎの効果

私の肌はそれほど脂っぽいほうではないので、思春期の頃はあまりニキビに悩むことはありませんでした。しかし、社会人になりなれない仕事と睡眠不足により、あごのラインにたくさんニキビが出来てしまった時期がありました。

 

対処として洗顔をこまめにしたり、化粧を薄くしたりといろいろ試してみましたが、なかなか改善されず悩んでいたある日、「納豆に含まれるナットウキナーゼが血液をさらさらにする」という情報をテレビで知りました。

 

血液がさらさらになれば、体中の老廃物をより効率よく体外へ排出することができるのではないか?と考え、その翌日から毎朝1パックの納豆をごはんにかけて食べるようにしました。もともと納豆は嫌いではなかったので、苦にはならず、朝食のおかずを用意する手間もなくなったので、長期間継続して食べることができました。
すると、1か月もしないうちに徐々にニキビの数が減り、顔の赤みも治まって行きました。2か月もするとニキビは完全になくなり、もとのつるつるのあごラインに戻りました。
これはナットウキナーゼは血液をさらさらにしてくれたおかげだと感じています。

 

 

その後、またテレビから血液をさらさらにする食べ物として「玉ねぎ」がいいという情報を得ました。
玉ねぎはパスタ好きの私の家の冷蔵庫にはいつも欠かさず常備されている野菜の一つです。スライスしてナポリタン、みじん切りにしてミートソース。肉じゃがやサラダ、牛丼や親子丼、カレーにシチュー。どのメニューにもたっぷり玉ねぎを入れます。

 

 

一番お気に入りの玉ねぎメニューは、スライスした玉ねぎをバターでじっくり炒め、水とコンソメを加えて作るオニオンスープです。とても簡単にできるのにお店のメニューのように美味しく作れる、私の得意メニューです。

 

 

実際に、血液検査をしたわけではないので玉ねぎ効果がどれだけあるのかはわかりませんが、前述のあごのニキビ発症後、納豆と玉ねぎを頻繁に摂取しているからかニキビの再発はありません。仕事や寝不足のストレスは変わらずあったので、確かに効果はあったものと思っています。

 

 

私自信の血液はきっとさらさらなのだと思うのですが、今一番心配なのが、働き盛りの主人の血液です。健康診断の血液検査ではとくに問題はありませんでしたが、さらさらなのかどろどろなのか…。健康診断の結果には「メタボリックシンドロームです」という言葉がありましたので、どろどろである可能性もかなり高いのかなぁと考えています。

 

そんな主人の今日の朝食は、ごはんに納豆、玉ねぎスライスたっぷりのお味噌汁です!
納豆と玉ねぎの血液サラサラ効果で、これからも健康第一に過ごせたらいいなぁと思っています。